【トレイルランニングギア】ランニングウォッチの決定版?アンビット3からスント9 に乗り換え

スポンサーリンク
トレイルランニング
スポンサーリンク

先日のハセツネ向けロング走トレーニングで、使用中のアンビット3 の電池が持たないことに気づいた山ランナー

早速つぎの時計を買うべく、リサーチを始めました。

スポンサーリンク

次の時計に決まったのは

タイトルにありますが、suunto(スント)のスント9 にしました。

スントの中でも、スパルタンスポーツ、スパルタントレーナー、スント5など迷ったり、あるいはブランドを変えてガーミンという選択肢も考えたりしましたが

最終的にはスント9 にいたしました。

決めるまでには色々条件を考えてみました。

軽さ、操作感、値段とか。ま何より見た目も大切でしたので、やっぱ一番デザインがカッコいい(主観)スントにしようと。

スントに決まったので、次はモデル

アンビット3 からだと、単純に乗り換えであれば最近販売されたスント5でよかったと思います。

軽く、バッテリーも長時間。

しかし新発売とあって安くはなってない。

¥47000ぐらいします。

なんか色々調べてたらスント9 で安くゲットできそうだったので、そちらに的を絞ることにしました。

スポンサーリンク

スント9 には2種類あった

これ、最初はよくわかりませんでした。

いつも通りグーグルでスント9 で調べたら、いろんなフェイスの画像が出てくるので。

そこでまずスントのサイトに行きました

Suuntoのスポーツウォッチ、ダイビング製品、コンパスおよびアクセサリー
世界的に定評のあるSuuntoのスポーツウォッチ、ダイブコンピュータ、高精度のアウトドア用計測機器は、過酷な状況下でも優れた性能を発揮することでプロフェッショナルから厚い信頼を得ています。

ランニングウォッチラインナップを見ると

  • スント9 バロ
  • スント9

とあります。

バロってなんや…、となりました。

さらに調査を続けると、バロとは気圧のこと。バロモデルには気圧を測るところが付いていて、より正確な高度が分かるらしい!

しかし高い。

¥85000〜¥100000もするじゃないですか。

ほんとはこれが一番欲しかったけど

なんぼ散財日記とはいえ、これは難しい!

ということで、無印モデルをみると、セールになっており、5万円台になっています。

Suunto 9 Black - バッテリーライフの長いGPSスポーツウォッチ
スリムなボディに手首での心拍計測機能を搭載したSuunto 9 Blackは、バッテリーの持ち時間が長く、ウルトラランニングやアウトドアアドベンチャーに最適なGPSスポーツウォッチです。

ということは?他のサイトでもセールになってるかも?と思い

色々巡ってみました。

案の定、同等の価格になっていましたので、そちらで無事購入。

そんなこんなで、無事に次の時計をゲットしました。

スポンサーリンク

スント9 はこんな感じ

使用感はまた今度って思ってますが、

最初につけた時の感想としては、アンビット3 より軽く感じるということでした。

スント9 の方が8gも重いのに、付けた感じはこっちが軽いという、理解不能な現象でした。

ひとまず無事にゲットできてよかった!

散財日記 ¥50000ぐらい

痛い…

スポンサーリンク