【グッズ】全ランナーにおすすめ。レースのたびにゼッケンつけるのめんどくさいと思ってたので、ゼッケンベルトを自作した

グッズ
スポンサーリンク

時々レースに出る山ランナーですが、この前ゼッケンベルトを自作しました。

ゼッケンベルトの購入に迷っているひとがいましたら、お手軽に自作もオススメですよ

ゼッケンつけるのめんどくさい

レースのあるあるで、ゼッケンをウェアにつけるのって超わずらわしいですよね。

だいたい付属の安全ピンで留めると思いますが、

ウエアに穴が開いてしまうし、ズレてたり走ってるときになんかしっくりこない場所だったり

けっこうストレスになります。

ちなみにですが、私はゼッケンスナップを使ってました

これはこれで、ウエアに穴は空きませんが、付けるのがさらにめんどくさい。

そこで、、、

ゼッケンベルトが欲しい

ゼッケンベルトが欲しいなぁと思いはじめました。

なんかの雑誌で鏑木さんが使いやすさを語っていたのも読んで、いつかはと思ってました

で、いざ調べてみると

トレイル用ってあんまりなくて、トライアスロンのブランドとかがすごい多いんですね。

当然ストリート感のあるようなものは無いので、欲しいけどなんだかしっくりこないなぁと思っており、

そんな中、百均に行った時にあるアイテムを見て

あ、作ろう。

と思いました。

ちなみにゼッケンベルト

念のためゼッケンベルトはこちらです。

見ての通り、ゴムベルトにバックルが付いており、突き出た2本のヒモにゼッケンの穴を通して留めるという感じです。

百均で材料を見つけた

別の用事で訪れた百均で手芸コーナーにあるゴムベルトを見たときに、ゼッケンベルト作れるじゃない、と気づきました。

そのままバックルを探すと、小さいサイズが無い。

店員さんに聞いても大きいものしかありませんでした。

しかし、そこは百均。

別の商品についているバックルを使ってやろうと思い、キーホルダーコーナーなどをうろちょろ。

すると、ありました。ベストサイズ。

これで材料が揃いました。

作る

作る工程はまったく簡単そのもの

ゴムベルトを体に巻いて長さの目星をつける。

バックルの片方に通して、ホッチキスで留める(ミシンで縫うのと迷いましたが)

もう片方はサイズ調節のきく方なので通すのみ

ゼッケンは安全ピンで留めることにしました

できました。

所要時間は約5分

レースで実装

先日、36kmのトレイルレースで実装してみました。

結果、最高でした。

ストレスフリーだし、走ってても対して邪魔にならないし。

ゼッケンベルト。これは、自作に限らず、全ランナーにおすすめです。

自作なら¥200でいけますよ。