【ランニングシューズ】アルトラの エスカランテレーサー Tokyoを手に入れて嬉しい。

スポンサーリンク
ランニング
スポンサーリンク

アルトラの新作ラッシュ

アルトラユーザーの皆さま、先日のアルトラ新作ラッシュおめでとうございます。

皆さまそれぞれ待ちわびていたモデルが入荷し、日本中がお祝いムードで沸いていましたね。

かくいう私も、待っていたエスカランテレーサートーキョーが買えて、喜んでいたイチユーザーです。

今回はこのエスカランテレーサートーキョーについてです。

アルトラのエスカランテレーサーとは?

アルトラのロードランニングシューズ、エスカランテをベースに、その名の通りレース仕様にしたものです。

このレーサーモデルですが、なぜトーキョーの名を冠しているかというと、世界の都市マラソンをモチーフにしているのです。

かかと部分にはTokyoの文字と街並みのシルエットがプリントされていますね。

このトーキョーの前にはボストン、NYCがあり、どちらもかっこよかったです。

人気で私は買えませんでした。

こんなに全方位かっこいいモデルを最近見た記憶がありません。

どこから褒めればいいかわかりません。

褒める

とりあえずカラーリングですか?

黒ベースにゴールドの色合わせがオシャレ。来たるべき東京五輪もイメージし、ゴールドメダルカラーを意識しているのでしょうか。

そして差し色のレッド。これが引き締まる。日の丸の赤ですかね?

そしてシルエットが綺麗ですねー。

アルトラの中でもシュッと細めのモデル。見た目に関して言えばやっぱり細めの方がオシャレに見えます。

シューレースが新作のようで、ほどけにくいものになっているようです。

しかも先のプラパーツにまでALTRAのプリント!抜かりない。

ノーマルとの違い

ノーマルとの大きく違いは2つ。と思ってます。

アッパーとソール(ミッドソール)です。

まずアッパーですが、ノーマルがエンジニアードニットで、靴下のような柔らかいフィット感に対し、レーサーは通気性を最大限高めたニットで、もはや穴だらけですが強度は高いようです。

次にミッドソールですがノーマルが衝撃吸収をメインに考えられているのに対し、レーサーは反発力を重視し、地面から効率よく推進力を得られるソールになっているようです。

細かいところまで行くと色々あるんでしょうが、大きくはこの2つです。

ま、そもそも私はノーマルエスカランテ持ってないので実際の違いは知る由もないですが。

走ってみた感じ

とりあえず1回走りました。

アッパーはこんなに穴空いてスカスカなのに、しっかりと足を包み込み、弱い印象は受けませんでした。

程よく足に着き、それでいて締め付けるストレスも無い。そして通気性。

ソールの反発もしっかり感じました。

先に書きましたがノーマルエスカランテは走ったことがないので、ワン2.5との比較になりますがワンのショックを吸収するイメージとは違い、一歩ずつが前に推進力を与える感じ。でした。

耐久性はどうなんでしょう?

しばらく走り込んでみたいと思ってます。

ちなみに次のマラソンレースで使ってみますので。

散財日記 ¥17650