【ランニングシューズ】ナイキトレイルシューズ エアズームテラカイガー4を履いてみた感じ

トレイルランニング
スポンサーリンク

気になっていたトレランシューズのひとつである、NIKEのAIR ZOOM TERRA KIGER4をゲットしたので、スピードハイクがてら近所の山で試走してきました。

まず初めに言っておきたいのですが、わたしはナイキのシューズが大好きです。

普段履きのスニーカーはもちろん、マラソンでズームフライを履いて出場したりなどしてます。

ということもあり、ナイキのトレイルシューズにはバシバシに惹かれてました。

NIKEのトレランシューズってどうなの?

BORN TO RUNという伝説の本の力により

トレラン界隈には、いや、ちょっとナイキは違う、むしろ悪、みたいな思想がうっすら漂っている感じがするんです。

なので買うのを迷っていたのですが、かっこいいのでずっと気になっていたシューズです。

ナイキ悪説のせいで逆にいうとあまりナイキユーザーがいないので、ほかの人とかぶりにくいというのがむしろいいですね。

普段履きやロードシューズならナイキなんてダダかぶりですよね。

ま、そんなこんなでゲットしました。

履いた感じどうなの?

という訳でレビューいきます。

  • 重さ
  • 足入れ感
  • アッパー
  • ソール

の4つの感想を

まず重さ。

軽いです。25.5cmで245g。トレイルシューズとしてはやや軽い部類ですね。

でも履いた感じはもっと軽く感じました。

足入れ感

ロードのズームフライと比べると、トゥの余裕があります。さすがにアルトラまではいかないですが指が自由に動く感じ。

アッパー

足入れの時にしっとりとフィットするようなイメージです。柔らかなアッパーが締め付けも無く、気持ちいい。

反対にトレイル用として考えると、強度が心配になります。補強もトゥぐらいにしかありません。

と思ってたら、サイドの穴が開いてるところからのぞくエメラルドグリーンが二重の生地になってて補強の役割果たしてまずね。

走った感じだと、下りでスピードアップした時に、アッパーが柔らかく、横にぶれるので、ふわふわして足がソールにしっかり乗り切っていないような感覚。

シューレースをもう少しきつく締めることでもう少しは調節できるかな?という感じ。

きつめに縛ってみたら下りのランもブレにくくなりました。

ソール

細かめのラグがトゥからヒールまで敷き詰められ、見た目グリップ良さげ。

実際に走ったとこ、スリップしそうな感じは無かった。

ソールのクッションは、よく効いていてダメージ受けにくい印象。

以上、4つの視点から感じたことを挙げました。

トータルどうなの?

トータルとしては履きやすくてカッコいいシューズです。

ただ、スピード狂とか攻める人達には強度の面で無理なんじゃあないかなと感じます。

また、少し蒸れが抜けにくいのかな?と感じました。普段はアルトラにドライマックスのソックスですがそれでは感じない蒸れがあったので。

今度の20kmくらいのレースで使ってみたいと思います。

散財日記¥8000ぐらい

もう1色手に入れた