サンダルランニングにチャレンジしたら、さっそく靴擦れができて痛い話

スポンサーリンク
ランニング
スポンサーリンク

BORN TO RUNを読み、

アルトラなどのゼロドロップシューズによるナチュラルランニングから

さらに進んで、サンダルランをしたいなぁと思っているみなさん。

インスタでいろんな人の走りました報告あがってますよね。

やってみたいと思いつつも

なかなか踏み切れないサンダルランですが、ものは試しということで、えいやっとやってきました。

サンダル初心者がどうなるか書いてます。

サンダルランがしたい

サンダルで走ってみたい。

この欲望はBORN TO RUNを読んだすべてのランナーの内なる欲望だと思います。

ララムリのごとくワラーチで山を駆け巡ってみたい。

そう思った人も数多くいると思います。

ただ、サンダルで走る人を見る目は厳しいです。

あいつどうかしてんじゃあないか?的な視線が来ることが予想されます。

家族からの偏見も生まれます。

ちょっとご近所に恥ずかしいじゃない、みたいな意見も聞こえます。

それを全て跳ね返してでも走ってみたいと思えるかどうかですね。

スポンサーリンク

走れるサンダルたち

ランニング用のサンダルといえば?

まずこれが挙がるのではないでしょうか。

ルナサンダル

有名ですね。

続いてゼロシューズ

これも思い浮かべる人は多いと思います。

色々調べた結果、今回私がはじめてのサンダルランに選んだのは

ゼロシューズです。

理由としては

  • ルナサンダルより安いモデルがあった
  • ソールが薄い、裸足に近いやつで走りたい

です。

XERO SHOESを買った

とりあえず買いました。モデルはVenture。

もうワラーチみたいな薄いソールです。

とあるサイトで安かったのもあり、決めました。

当然試着なしでポチったのでサイズは届いたときのお楽しみでしたが、実際に履いたらぴったりでした。

ちなみにランニングシューズよりさらにワンサイズ小さいものを買いました。

これは、指がはみ出るんじゃないかのギリギリを履いた方がいいとの情報を事前に得ていましたので。

試着し、家の中で飛んだり跳ねたりしたところ、ズレもなくこれはイケると思いました。

こうなったら走るのが楽しみで仕方ありません。

届いた日は雨だったので走りませんでしたが、気持ちがウズウズして仕方ありませんでした。



走ってみた

さあ、今日は走れるぞと、サンダルを玄関で履き、外に出ました。

時間は夜21時。

人気も少なくなってくる時間帯です。

なるべく人目にはつかない努力をし、家族の理解を得ようとします。

ストレッチをし、ランニングウォッチ、ランニングアプリを立ち上げ、よし、スタート!

一歩二歩と走る。

痛い…じゃないか!

指の股がめちゃくちゃ痛ーいです。

こんなんで走れるのか!?と思いながらも我慢して走りますひ。

痛い、痛いっす。

かかとも痛いっす。

路面の形がダイレクトに伝わって、点字ブロックとかも痛いです。

マジか、これ走れないだろ…。

いや、でも走れてる人がいるのだからできるはずだ、と言い聞かせて、止まってはフィッティングを調節したりして走ってみたりします。

色々試してみるものです。

そのうちに足首をしっかりフィットさせることで痛みが和らぐことをひとつ発見しました。

また、いつもよりさらにフォアフットで走ることでかかとの痛みも和らぐことも発見しました。

さらに走っていくと

フォアでもさらに親指着地のイメージでいくと、指の股の痛みも無い事を発見。

最終的にあまり痛みのない走り方を見つけ、約6kmの初サンダルランを終了しました。

※走り方は人それぞれなので、ここに記した方法でも痛い場合はあると思われます。

スポンサーリンク

結果

結果、痛くない走り方を徐々に見つけたものの、

序盤の探り探りで走っていた時に靴擦れが指の股にできて、皮がずるむけてしまってました。めちゃくちゃ痛いです。

かかとも同様に靴擦れになってしまい、歩くときに地面につけることができず、

歩くときまでフォアフットになってしまいました。

サンダルランってどうなの?

サンダルランは難易度が高いかもしれないですが、必然的に足の痛くない走り方を探していくので、

フォームの修正には繋がるんじゃないかと思います。

また、一歩一歩が新鮮で、楽しいという気分にさせてくれます。

今は靴擦れの痛さが勝っていますが、治ってくればまた走りたいなという気持ちにはなっています。

シューズというかサンダルによる違いもあると思うので、次は

ルナサンダルも試してみたいと強く思いました。

そしてその時には靴擦れ防止に、指の股にテーピングでも貼って走ることにします。

これもありかも

Protect J1 長時間持続型保護クリーム 80ml
手指、股、かかと、足裏などに、ひときわ激しい肌トラブルを起こすサバイバル系スポーツの必需品。 ウルトラマラソン、トレイルラン、極地マラソン、長時間の自転車・登山、ロッククライミング等、スポーツ前に皮膚にバリアを作っておけば、皮膚は強力に保護されます。

散財日記 約5000円